そうは言っても・・・

若ノ鵬はどうにもならないの?

もちろんやったことは違法なことで軽視はできないけど、年齢もまだ少年に近い青年だし、とても反省してる(少なくともそのように見える)。
そういう人に「相撲界からの永久追放」の意味の「解雇」って、日本はホントにリベンジできない国なのか。
日本の土俵に上がるチャンスを、たとえ1%でも残してあげることはできなかったのか?

それとも私が犯罪者に甘過ぎなのか?

まだまだ荒削りだったけど、これから日本の相撲を覚えたらすげー力士になりそうだ!!と期待してたのに。
これから3年後、5年後をホントに楽しみにしていたのに。

それより北の湖元理事長や相撲協会の往生際の悪さの方が、罪が大きい気がする。
ストロベリーシーズの編み物レッスンのご案内はコチラです
スマートフォン版のご案内はコチラです
講師プロフィールはコチラです

お友達登録していただけると、お教室のお知らせをお届けいたします。
お問い合わせ・ご予約も簡単にできますので、どうぞご利用ください
友だち追加


ストロベリーシーズ、そして、お世話になってる ブログ村さん にも
応援クリック
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物教室・販売へ
1日1回、お願いします〜

[ 2008/09/09 17:07 ] その他 | TB(0) | CM(2)

同感!!

せめてリベンジのチャンスだけは、と思います。と言う事で、相撲がダメならそれまでと割り切って、K-1とか別種格闘技での元若ノ鵬君のリベンジをと思います。
ちなみに大麻は認められている国もあるようで、中には日本で言うキオスクで売っている国まで・・・だからこそ、きちんと教え込むべきなのかな。日本では「コイツはやばい!」って事を。
相撲界って古いんだよね~体質が。アレじゃ有望な子ほど逃げちゃう。人気を復活させたいなら強い日本人力士の発掘が急務だと思うんですが、どうでしょうかね。
[ 2008/09/11 20:36 ] [ 編集 ]

Erkkiさん <<

こんにちはー!!

また今日も新たな展開(裁判)になってましたね。
これもすべて協会の対応が今回に限らず、以前からおかしかったことが引き起こしたことのような気がします。

そうそう、私もリベンジのチャンスだけでイイと思うんですよー。やっぱり罪はそんなに軽いものじゃなかったわけだし、おっしゃるとおり、安易に海外から有望な子を連れてきちゃって、その後の協会や部屋の教育が丁寧でなかったから、こういうことになっちゃったわけだし。

裁判というのはいかがなものか?という考えもあると思いますが、日本でお相撲をとるために、そういう方法しか残さなかった協会もまずかったと思います。
[ 2008/09/12 11:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://strawberryseeds.blog3.fc2.com/tb.php/562-d1f7cce5