ルーブル美術館展

美術館続き。

急に思い立って東京都美術館で開催中のルーブル美術館展に行きました。

やっぱりあの時代のフランスのものは贅沢で良いよね~
もちろん去年見た映画マリーアントワネットの影響はあるけど、今回展示を見て特に気になったのがポンパドゥール夫人。
映画には出てなかったけど(あれ?違う?)肖像画の愛らしさにヤラレてしまいました
ドレスの形でもポンパドゥールってあったよね?(あれ?違う?再)

去年はマリー熱だったけど、今年はポンパドゥール熱になりそうな気配(笑)

んで、今日のお買い物はチュールレースのサシェにその中身のポプリ…って、それ、ココでなくても買える?ま、いいや、可愛いから。
そしてポストカード数枚。もちろん私が心奪われた肖像画もあり
でも実は一番心引かれたものは、彼女が亡くなった後、残された娘3人が彼女の宮殿に移り住むことにした時に作らせたという壷。「ベルヴュー宮の王女たちの台座付き壷」とタイトルが付けられているものです。

こういうものを見た帰りって、なぜか普段の自分とは違う気持ちになるから不思議です。
[ 2008/02/26 17:24 ] 日々のこと | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://strawberryseeds.blog3.fc2.com/tb.php/480-eed40c00