生徒さんの作品

はいはい、今年初のレッスンウィークが終了しましたよ


というわけで、今年も各お教室で編んでいただいています。

そして完成作品も・・・

チェキラッッ




まずヨークカルチャー西川口のTHさんが、かかとから編む靴下の片方を完成させました
IMG_2664.jpg


この靴下もストロベリーシーズオリジナルで、平たく置くと「え私の足、こんなに大きくないよ」ってびっくりされることが多いのですが、履くとピッタリなんです

途中でサイズの修正をしながら編んでいただけるので、実はどんなサイズでも、どんな太さの糸でも編んでいただけます。
なので、余り糸の消費にもです


THさんは「忘れないうちにもう片方編んで、さらに忘れないように、もう1足編む
なんておっしゃってましたよ




さて、次の作品は木曜日のよみうりカルチャーさんの体験講座での作品です。

こちらのお教室は、「手編み」と「アフガン編み」の2つの講座が併設になるのですが、体験講座も同日に開催しました。

ちょっと余談、蛇足ですが、「アフガン編み」のキットも「手編み」の中で編んでいただくことはできます。
「アフガン編み講座」は「アフガンの基礎の基礎だけわかれば、もうお教室に来なくて良い」という方のための、ダイジェスト講座だと思ってください。
また、その説明は後日しますね。



まずは「手編み」の体験の方から・・・

ストロベリーシーズのキット、菊のピンクッションです
IMG_2666.jpg
本日も2時間で完成

お二人とも「あまり編み物をしたことがない」とおっしゃってましたが、やっぱり過去に編んでると手が覚えてるんですよねー



そして併設の「アフガン編み」講座の体験の方の作品
IMG_2667.jpg

お二人のご参加のうち、お一人は編み物ご経験者さまは左2枚を、まったくの初心者さんは、どうにか右の編み地を編んでいただきました。

初心者さんは、かぎ針、棒針もされたことがないので、すごくご苦労なさったご様子ですが・・・
いやいや、逆にこれだけ編めたらすごくないですか


こちらのよみうりカルチャーさんのお教室は、体験の方、全員が本講座のお申し込みを決めてくださって、いよいよ再開講となりました

これで私も「不本意な休日」から脱却ですっ。
みなさんの編み物ライフのお手伝いを、バリバリしますぞーーーー





そして、金曜日の戸田カルチャーさんのお教室。

いつも繊細なレース編みを完成させるYTさんが、お正月休みの間に完成させて持って来てくださいました

IMG_2669.jpg


真っ白のテーブルの上に置くと、真っ白のレースが目立たないので、アイロンがけの最中にお写真を撮らせていただきました。
アイロン台の焦げが残念な感じですが・・・

そんなことはどうでも良いのですが(笑)、こちらのレース編み、80番の糸を12号のレース針で編んでるんですよ
横に置いたかぎ針は、大きさの比較のために、私がかぎ針を置いたのですが、実際は12号のレース針ですよ

たぶんね、もともと本に出てたのは「テーブルクロス」だと思うんですが、それがこの大きさですよ

YTさんの作品は、出来上がるたびに、お教室の皆さんで見せていただいて、ため息ついたりお写真を撮らせていただたり・・というのが恒例になってます(笑)

そしてYTさんはこれに飽き足らず、100号の糸を14号のレース針で編む、と意気込んでいます
(あ、100号のレース糸、ご用意しなくちゃ

「先生(こんな私でも、みなさん、一応、そう呼んでくださいます・笑)、この場合、編み地のどの部分に針を入れるんですか」って聞かれても・・・
私、見えなかったらどうしよう・・・

YTさんのレース編みの作品は、ぜひ100年もたせて「アンティーク」と呼ばれるくらいまでになってほしいな。






さて、今年に入って、いろいろ遊んでまいりましたが、お仕事の方もいよいよ動き出しました。

お教室の数は、もう目一杯になってきましたが、これまで編み物にご興味のあったものの未だ未経験の方、独学で編んでいて謎だったり不安だったりするところを確認したい方、編み図の通りには編めるけど、自分でデザインされたものを編んでみたい方、はたまた大手編み物教室のサブ教室としてのご利用・・・等々、編み物を楽しみたい方、お勉強したい方のお手伝いをさせていただきたい気持ちには変わりはありません。

というか、ますますそういう気持ちは増してきています。

なんて言いながらも、生徒さんのいろいろなご要望やご質問に、アドバイスを迷ってしまったり、「ああっちの方法の方が良かったかも」なんてこともあって、頼りないこともありますが、日々、工夫していきたいと思います。

まずは、これまでご要望もあった、アフガン編み講座のような「段階を踏んで、基礎の基礎がわかるキット」を作っていきたいと思っています。




乞うご期待
たまに叱咤激励
これからもストロベリーシーズを、どうぞよろしくお願いします

ストロベリーシーズの編み物レッスンのご案内はコチラです
スマートフォン版のご案内はコチラです

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://strawberryseeds.blog3.fc2.com/tb.php/1550-54a5626e