ストレッチ編み及びツイニー編みについて これまでのいきさつ3

この記事は2002〜2006年にHPにアップしたものを2016/10/8にブログに移動させたものです。
編み方についてではなく、当時、ストレッチ編みを知らない頃に調べていく過程を綴った内容になっています。
HP内にも同じ記事がありますが、ところどころ修正しているところがあるかもしれません。
ご了承ください。
「れも」は当時使っていた、私のハンドルネームです。



先日、お友達から「ツイニー編みはニッケビクター提案の技法」という内容のメールが送られてきました。
なんとニッケビクターさんに問い合わせのメールを送ったら、社長さん自らメールを彼女に送ってくださったとのこと。それで最終的には営業の方からお電話をいただけて、いろいろ聞けたとのことでした。

やはり、私の想像通り「かぎ針で編み付ける棒針編みの作り目を作るのと同じような感じ」とのことでした。
それで、他に聞きたい事もあったので、私もニッケビクターさんにメールを送り、営業の方からお電話をいただけるようにお願いしました。

そしたら本日(10/2)電話が来ました。(わーい)
それで、次の事が新たにわかりました。

  ・ツイニー編みはニッケビクターが提案した技法であること(上の通りですね)
  ・その針は長さ25cmくらい(棒針より少し短かめ)の2本針である。
  ・それには「かぎ針より少し平たい感じの変形針」と「棒針のように尖っている針」が両端に付いている(今のアフガン針のキャップをとった時みたいな感じですね)。
  ・編み方は、かぎ針で編み付ける棒針編みの作り目を作るのと同じような要領で。(こちらも上の通り)
  ・できあがった編み地はリバーシブル!!
  ・針の種類は4種類。太さは8号のものからとのことでしたので、太いですね。
  ・その針が販売されたのは4年前。

・・・なぬ?4年前?

私が聞いた知り合いの方は、来年大学を卒業される息子さんがいる方で、彼女が中学生くらいのときに編んだっていうもの・・・・。
どー考えても4年前って訳には・・・・
それをニッケビクターの方に伝えると「それはストレッチ編みと言う技法でツイニー編みの原形」だそうです。
うわっっ、また新情報GETですっ。

続いて「ストレッチ編みは、ツイニー編みよりも細い針を使っていて、ツイニー編みが太い針で細い糸を編んでフワフワに仕上がるのに対してストレッチ編みは糸に適正な太さの針を使って編んで行く。模様も作れる」とのことを言われました。

とは言っても、ストレッチ編みの作品を展示しているHPはわりとあるので、御存じの方には「何を今さら・・・」って感じなんでしょうかね。
そういう方の御連絡、是非お待ちしています。
(※現在、ストレッチ編み、ツイニー編みの情報は募集しておりません)

これは想像ですが、ツイニー編みって、あまり普及しないストレッチ編みを普及させようとしてニッケビクターさんが太い針を使って、簡単に編めるように工夫して生み出された技法ってことかしら?
うわっっ、プロジェクトなんとかみたい・・・(こんなお話大好き�)

またまた続いて調べてみるとなんと山口県岩国市の上村武夫さんという方が提案された技法だそうです。
上村武夫さんってどんな人なんでしょう?もしかして有名な人? 気になりますねー。
ストレッチ編みの本もヴォーグから出ていたようですが、今は手に入らないのかなぁー?
(2004/5/26 著者名を「上村武夫」に訂正) 

肝心の編み地ですが、まだ編み方もはっきりわかっていないのですが、ツイニー編みについてはニッケビクターさんのご厚意で、資料を送ってくださるそうです。

今回わかったのはここまで。
しつこいようですが、何か情報を持っている方!!是非是非お知らせください。お願いします(ペコリ)
※現在、ストレッチ編み、ツイニー編みの情報は募集しておりません。

ストロベリーシーズの編み物レッスンのご案内はコチラです
スマートフォン版のご案内はコチラです
講師プロフィールはコチラです

お友達登録していただけると、お教室のお知らせをお届けいたします。
お問い合わせ・ご予約も簡単にできますので、どうぞご利用ください
友だち追加


こちらもよろしく〜
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物教室・販売へ


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://strawberryseeds.blog3.fc2.com/tb.php/1460-0c1ce835