編み物のお道具【あれば便利編】

初心者さんが編み物教室に行き始める時に、揃えておいた方が良いもののお話の最終話(?)【あれば便利編】です。


前回の記事からのおさらい



初心者さんが、編み物教室に通うのに必要となってくるものは・・・

必須
・編み針
・糸切りはさみ
・とじ針
記事はこちらをクリック

おいおい必要となってくるもの
・定規
・待ち針
・テクニックブック(記号の説明や、とじはぎなどを解説した本)
記事はこちらをクリック


あれば絶対便利なもの
・クリップ式マーカー




ということで、本日はクリップ式マーカーのご紹介です。

今日はお品物が1つなので、たたまずに行きます。

また、商品のお写真などは、アマゾンのアフィリエイトになっているので、気になる方はご自分で検索して調べてくださいね。


クリップ式マーカーってこんなものです。



プラスチック製の安全ピンみたいな形で、クロバーさんの場合、商品名は「段数マーカー」となってますが、その名の通り、段数をマーキングしておく・・・というのがメインのお仕事です。


こちらはチューリップさん(メーカーさんの名前です)の商品
 
形がかわいいのと、商品画像のところに、使い方例が出てるので、見てください。



段数をマーキングしておくお仕事の他には

・目を区切る
・少しの目数の場合の休み目を休ませる
・かけ目の代わり
(特に引き返し編みの時は便利)
・かぎ針編みの途中で休憩をしたい時、最後の目に通してほどけないようにする

なんてお仕事もできます。


とにかく便利で、私のお教室に長く通ってくださってる方には、もれなくおすすめするのですが、多分、全員が買ってくださっていて、全員がうまく使ってくださっています。(と、私が拝見している範囲ではそう見えます・笑)


最初のうちは「安全ピン」や「糸印(いとじるし)」などでも良いと思います。
そのうち「やっぱ、専用のものが便利だわ」って思ってくると思うので、その時にご購入されると良いと思います。


ちなみにクリップ式のが販売される前は、こういうものがありました。


今も販売はされてますが・・・

目数を区切るのも、段数のマーカーとしても、不都合なことがあって、正直言って、私はこれはあまりオススメしません。
(目数を区切って何段も編み進めると、その部分が"キズ"になる)
(段数マーカーは、気づいたら、外れてなくなってる)


なんか、良い使い方があるのかもしれませんが、私には今のところはそれが見つけられてません。


クリップ式のはこれの働きの両方をすることができていて、不都合な点が解消されています。
ですので、新しく買うのでしたら、絶対クリップ式の方がオススメです



さて、計3回、初心者さんが揃えるべき・・・
いや、「べき」までは言わないけど、多分、おいおい揃えることになるであろう、お道具の紹介をさせていただきましたが、残りは必須も必須編み針のお話が残ってます。


こちらはまた日を改めてさせていただこうと思います。

あまりマニアックなことは書きません。
超初心者さんが編み物教室に行こうかな?どうしようかな?って思ってる段階での資料になる感じのものを書こうと思います。



「いやいや、それまで待てないし〜」って方は、直接編み物レッスンでご質問してね

ストロベリーシーズの編み物レッスンのご案内はコチラです
スマートフォン版のご案内はコチラです
[ 2016/04/21 09:03 ] 編み物の知識 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://strawberryseeds.blog3.fc2.com/tb.php/1432-19f9c700