編み物のお道具【必須編】

4月も中旬になってきました


「春から新しいことを始めようかな

って方や・・・

「お子さんも学校(幼稚園)に行き始めたので、空いてる時間で何かやりたいな」

って方もいらっしゃると思います。


そういう方はぜひぜひ編み物を始めてください

編み物は冬なイメージもありますが、春夏はレース編みなど、季節を感じられる作品もあるし、それに秋冬に、セーターなどの大物を編むにしても、練習するのは悪くないはず。

桜のがま口
「桜のがま口」(ストロベリーシーズオリジナル)
とにかく写真を入れておかないと、Facebookで夢のない画像が出ちゃうんで、入れさせてください〜



ということで、ぜひお近くの・・・よろしければ、ストロベリーシーズの編み物レッスンにいらしてくださいね


ストロベリーシーズの編み物レッスンのご案内はコチラです
スマートフォン版のご案内はコチラです


さて、ここからが本題(笑)


実際ね
「編み物、やってみたいな・・・」
って思われても、
「周りに聞く人もいないし、どうすれば良いんだろう
「ここのお教室、どんなだろう講習料とかは書かれてるけど、他に何がいるんだろう
「材料はお教室の方で用意してくれるみたいだけど、道具は持参って書いてあるし」
「道具って、最初は何を揃えればいいんだろう
「聞きたいけど、なんて言って聞けばいいんだかわからないし・・・」

と(例え話が長いっすな)ドキドキされている方もいらっしゃるはず。


今日は、文字が大きくなっている疑問、「初心者は、どんな道具を揃えれば良いのお話をしたいと思います。







まずは、ざざっとリストアップさせていただきます。

必須
・編み針
・糸切りはさみ
・とじ針

この3つがあれば、初心者さんとしては、当面間に合います。


おいおい必要となってくるもの
・定規
・待ち針
・テクニックブック(記号の説明や、とじはぎなどを解説した本)


あれば絶対便利なもの
・クリップ式マーカー


あとはそれぞれに応じて必要なものが出てくると思いますが、まずは「初心者さんが、最低限、ないと困るもの」ということで、上記のものを上げさせていただきました。

「必須」「おいおい」「あれば便利」を日に分けて、1つずつ説明させていただきますね。

今日は「必須」のもの。

しかも一番大事な【編み針】 ですが、こちらは かぎ針、棒針、アフガン針、他にもいろいろあって、話が長くなるので、また後日、改めて説明しますね。
(お教室や、編み物本でご指定の針をお持ちになればです)

ということで、あえて、編み針以外のお話を先にさせていただきます。



なんか、めっちゃ長くなりそうなので、珍しくたたみます。


下の【続きを読む】をクリックしてくださいね。


ストロベリーシーズの編み物レッスンのご案内はコチラです
スマートフォン版のご案内はコチラです

【糸切りはさみ】

編んだら、糸を切らなきゃね。
ってわけで、糸が切れれば良いです。

まずは、家にある、【糸切りはさみ】か、なんなら、間に合わせで【紙切りはさみ】をお持ちになってくださっても構いません。

多分、おいおい「やっぱ、紙切りはさみで糸は切りにくいわ」って気づいてくると思うので(笑)、その時に買ってくださっても構いません。


こーんなかっこいい糸切りはさみもありますが



私はやっぱり和はさみが好き



何が良いかと言うと、普通、使う時の順序として、

はさみを持つ
  
はさみの刃を開く
  
はさみの刃を閉じる
  
 糸を切る

ですが、和はさみの場合、赤字のはさみの刃を開くって作業が不要になります。

これって些細なことだけど、作業していく中では結構重要


和はさみ、洋はさみ、どちらも持ってますが、【糸切りはさみ】に関しては 和はさみ を使う場合が圧倒的に多いです。
紙切りはさみ、布切りはさみは 洋はさみ ですね。


ちなみに私が、お教室に携帯しているはさみはこちら。
IMG_0647.jpg
IMG_0648.jpg
IMG_0649.jpg
こちらは、持ち手のところに"バネ"がついてて、 和はさみ と同じように、開く動作がいりません。
しかもたためてコンパクト
オススメです



続いては・・・

【とじ針】

編み物にも、 縫い針 のような形状の 【とじ針】 というものが必要になってきます。

お家にある 縫い糸 ではなぜダメなのかというと、普通の縫い糸では「毛糸が穴に通らない」のでダメなんです。

刺繍針は、通る可能性もあるので△です。


もし、あらためて揃えられるのでしたら、編まれる糸の太さにもよりますが、まずは、こちらをご購入されたら間違いないです。




下にあるものもいわゆる とじ針 です。
一応説明はしますが、こちらはおいおい、必要な時に揃えられると良いと思います。


カウチンなど、太い糸で編まれる時は、太糸用が必要です。



また、似た感じのもので、【シャープポイント】というものがあります。


商品紹介の写真を見ていただくとわかるのですが、編み物用のとじ針は、糸が割れにくいように、先が丸くなっています。
それに対して【シャープポイント】は、先が縫い針のように尖っています。

こちらは、例えば「返し縫い」で袖付けをする時などに使います。

私も袖付けは「(半)返し縫い」でつけるのですが、その場合、【シャープポイント】は必須です

ですので、【シャープポイント】は、大物を編まれる時に揃えられると良いと思います。




ということで、今日は「必須」のお道具のご紹介でした。

【編み針】と、今日ご説明した【糸切りはさみ】【とじ針】をしっかりバッグにお入れになって、編み物教室にいらしてくださいね


「おいおい」「あれば便利」はまた後日、ご説明します


ストロベリーシーズの編み物レッスンのご案内はコチラです
スマートフォン版のご案内はコチラです

[ 2016/04/11 09:01 ] 編み物の知識 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://strawberryseeds.blog3.fc2.com/tb.php/1423-cb75d2e5