ちょっとしたウラワザ

こちらの記事は、以前、ストロベリーシーズのHPに掲載していたものです。
今回、これに関係するご質問を生徒さんからいただいたので、ブログに移動して再度皆さんにご覧いただけるようにしました。
多少言い方を変えている箇所もございますが、良かったらご参考になさってください。





知らなくても支障はないのですが、ちょっと知っていると便利な時があるかも
ボーダー(横しま)になるように色を替えながらゴム編みなどを編むときのウラワザです。


まずこの下の写真をご覧ください。

urawaza1.jpg
urawaza1.gif

上の写真は、下の編み図を編んだ物です。

通常、よくある2目ゴム編みです。6段ごとに色を変えています。

ここで気が付くのは、色を変えてすぐの段の前後の裏編み部分の色が混じって見えますよね。

これは裏編みの特徴で仕方がないことです。

でも「バシッと、クキッと、シャッキリしたしま模様を作りたいな」と思うときがあります。


urawaza2.jpg
urawaza2.gif


これは上のパターンと同じ様に見えますが、先ほど問題にした、色を変えてすぐの段の裏編み部分の色が混じってないですよね。

何が変わったのでしょうか?

編み図をご覧になっていただくとわかるように、色を変えてすぐの段の全ての目を表編みにしているのです。

頭の中で考えると、表編みと裏編み、編み方が違うので2目ゴム編みには見えないのでは?と心配される方もいらっしゃると思います。

でも実際ご覧になっていかがですか?ほとんど目立たないのではないでしょうか?

これはゴム編みでご覧になっていただきましたが、私の作品「ニットキャップ」のように表編みの代わりに交差模様を編んだものなどに応用が効くと思います。



【追記】
こちらはHPの記事内には記載はないのですが、この作品のことを言っているようです。
(遠い昔だねぇ・・・
このニット帽は、今回裏技を使って編んでます。
cap_kakudai.jpg


最近ではフェアアイルのウェアを編む時などに、この裏技を使ったりしています。
IMG_2188.jpg





さて、ここでもうちょっと考えて、「じゃあ、普通の裏メリヤスの色替えの時にも使えるのでは?」と思う方もいらっしゃると思います。

ふふふっ、私も考えました。

では実際に見てみましょう。


6段ごとの色替えで2目ゴム編みではなく、裏メリヤス編みで編んだものです。


こちらが普通通りの色替え
urawaza3.jpg


次に色を替えてすぐの段に表編みを編んだ写真です。
urawaza4.jpg


表編みを追加した下の写真、いかがですか?


どちらかと言うと濃い色(茶色)~薄い色(ベージュ)の色替えの方が薄い色(ベージュ)~濃い色(茶色)の糸替えよりも目立たないかもしれないですね。


う~む、これだけを見ると私はちょっと気にしちゃうかも。


でもこれは皆さんの個人的な好みでまったく良いと思うので、「ああ、全然オッケーだわっ」とおっしゃる方もいらっしゃるでしょうし、「これはちょっと使えないな」と思う方もいらっしゃって良いと思います。

また、模様によっては色が混じって見えるもの(上の写真)を模様として使いたい場合もあるでしょう。

だって太いボーダーの上下に細い線が入ってるみたいでこの模様だってナカナカです♪


みなさまもこんな風にいろいろと編み地で遊んで、ご自分のイメージに合う模様を見つけてくださいね♪






こういうこと考えるのって楽しい


ストロベリーシーズの編み物レッスンのご案内はコチラです
スマートフォン版のご案内はコチラです
[ 2017/08/17 09:03 ] 編み物の知識 | TB(0) | CM(0)

生徒さんからのご相談(編み物の手間賃)

question.png


お教室に来てくださって生徒さんから、ご相談をたまにいただきます。

技法や編み物の資格のことなどが多いのですが、今日はちょっと違う路線のご相談。


Twitterにもちょっと書いたのですが、多分その生徒さんだけじゃなくて、編み物を続けていくと、こういうことも多くなるのかも
もしかしたら悩まれてる方も多いかも
と思い、アップさせていただくことにしました。

「お悩み」「ご相談」って言っても、嬉しいお悩みです


一般的なお話ね。


ご質問

お友達(知り合いの方)から「材料と編み代を払うから、この本の作品、編んでほしい」と頼まれたのですが、お代ってどのくらいいただけば良いですか




個人的なお話も含むので、いろいろはしょりました


まず、こちらの方は「お仕事で編むわけではない」「お友達(お知り合い)の方にご好意で編んで差し上げる」ということを前提を頭に置いておいてね。

(無許可で「この編み物本に出てるものを編みますよ」「このブランドの商品に似たものを編みますよ」と謳ってのお商売はアウトだと思います。少なくとも私個人的にはアウトだと思います。)


よくあるお話ですよね。

10年以上前にはなりますが、以前、私もそういうこと、ありました。
(今はやってません)

それに、こんなふうに、自分が作ったもので人さまに喜んでいただくって、編み物や手芸の醍醐味の1つかもしれません。


で、ご質問の「お代」ですが、「お仕事ではない」「お友達に編む」ということだとすると、編む側の考えとしては「お商売のようには考えられない(考えにくい)」という気持ちもわかる。

でも私としては、その生徒さんの労力をお安く見積もってほしくもない。

その方とお友達さんとの間柄にもよるし・・・


うーむ、難しいですよね


ということで、私の場合ですが、

「お友達(知り合い)」ということなので、まずは「材料代だけで良いよ。編み代はいらないよ。」ってことでお受けしました。

でも、結局、お友達(お知り合い)って、何かしら包んで下さるんですよね。
お金の時もあるし、例えばお菓子折とかの時もあるし。

最初はそこから始まって、さらに続いてご依頼いただけるようなら・・・・。

あらためてまた考えます(笑)
そういうアドバイスも、編み物講師は必要かもね。
迷う気持ち、わかるもんね。


逆に絶対やめた方が良いのが、中途半端な金額で受けちゃうこと。

「中途半端」の説明をちょっとだけ詳しく言うと、
「編んでる途中でイヤになっちゃうくらい」の金額。

良くないパターンの場合、先方様には「お金を払った」って意識はあるけど、こちらとしては「編んであげてる」って気持ちになって、どうにも溝が埋まらなくて、モヤモヤする。
(と思う)


さらに先方様から「じゃ、また、あの金額でお願いね」って依頼されちゃったら・・・


ね、ちょっと困るでしょ


という感じで考えてみてはいかがでしょうか



でも「『友達だから、タダで(格安で)編んでよ』って頼まれてイラつくーーー」ってお話は、Twitterとかでたまに聞くけど、「お代を払うから・・・」って言ってくれるのは、その生徒さんがすごい作品を頑張って編まれてるのをご覧になってるからだよね

やっぱりそういうのって張り合いになるよね


その生徒さんは「自分がお代をもらえるほどの腕前なのか」ってなことをおっしゃってたりもしましたが・・・

今回は試し編みとか、慎重にすれば、編む技術は大丈夫

頑張りましょう

私も"キリリ"と気持ちを、3割増しで引き締めますっ





クリスマスプレゼント、大作編む
何着編む
そろそろ準備・・・いや、心構えくらいはした方が良いかもね

ストロベリーシーズの編み物レッスンのご案内はコチラです
スマートフォン版のご案内はコチラです
[ 2017/08/16 09:04 ] その他 | TB(0) | CM(0)

生徒さんの作品(@西川口&トーカイ)

はいはーい

今回も生徒さん作品、続々と完成してますよ


今回は、着々と新作を編まれてる生徒さんから、久しぶりのリピーターさんがご参加されての完成、はたまた30年間寝かせていた作品をとうとう仕上げられた生徒さんも


盛大にご紹介させていただきます〜〜


まずは、30年前、完成直前で止まっていた、Yさんの作品2点


どちらもネットに編みつけるタイプのバッグで、ほぼ同じ形で、糸は確か「アンダリヤ アニー」って書いてあったかな
(今はもうないよね)


すっごいしっかりしてて、古さを感じないシンプルなデザインですよね

Yさんバッグ1
こちらは、あとボタンをつけるだけで止まってました
でもって、さらっと完成〜


Yさんバッグ2
こちらは持ち手が、1本だけ編まれてはいたものの付いていない状態で残ってました。

で、残りの1本もネットの状態で残ってて、もちろん糸も残ってる。
じゃ、編みましょうか・・・って段階で、どうも持ち手の長さが違う・・・

はてと考えた結果、
これはこういう風につけるんじゃないかしら
うん、これが良いわ

とのことで、ちょっとだけ違うデザインに仕上がりました。


お家ですでに糸を収納するのに使われているそうです。
(でも、お出かけにも使えそうですよねー



こちらは、可愛いもの好きのKさん。

本の作品をお家で仕上げてお持ちくださいましたよ

Kさんレース編み平

同じものなのですが、両方のヒモでしぼると、ボックスティッシュカバーにもなるんです
Kさんレース編みティッシュ

かわいいっすかわいいっす

Kさんの作品は、さらに増産中です(笑)


しばらくお休みされていたのですが、久々にお教室に戻ってくださった、Nさんの作品。
Nさんニット帽

お休み前から手がけられていたのですが、とうとう完成です


こちらも可愛いよねー

Nさん、お得意なのはかぎ針編みなのですが、棒針編みも勉強中

鹿の子編みの減目の模様が崩れるのが気になったご様子ですが・・・
うん、仕方ないんだけどねー、私もこれは気になるところです


出来上がってしまったら、そんなに気にならないのですが(ましてや本人以外の人は特に)、でも編んでる途中気になって、2目一度の目を右上にしたり左上にしたりと、できる限り対処して工夫しました。


あとは減目を忘れないように、がんばっていきましょーーーー(笑)





ストロベリーシーズの教室は、
「細部にもこだわる人はどんどんこだわる」
「スピード重視の人には省ける箇所を」
ってな具合に、皆さんのご希望に沿ってアドバイスさせていただきます。

ご希望をどんどん伝えてね
もちろん超初心者の方も大歓迎


ストロベリーシーズの編み物レッスンのご案内はコチラです
スマートフォン版のご案内はコチラです

編み物講師の表の話(新講座決まりました!)

前回の続きです。

IMG_207111111.jpg
またまたトーカイさんのショウケース。
つけとかないと、Facebookに夢のない写真を付けられちゃうんで…
って、何度め?




簡単に言いますと・・・

新講座、決まりました





編み物教室

日程 : 第二、四週の土曜日 10:30〜12:30
場所 : イオンカルチャークラブ 北浦和店さま 
     HP
    ※12月から始まる会場なので、北浦和店さん専門のページはまだないようです。
受講料等 : イオンカルチャークラブさまに準じます





というわけで、土曜日に手をつけてしまいました(笑)


北浦和という土地に、あまり馴染みがなかったので、最初は

「北浦和
 ユザワヤやパルコがある浦和や、今や有名 さいたま新都心駅、はたまたターミナル駅の大宮に挟まれた、びみょーな位置だな」

「ということは、地元の人に便利な教室になりそうだから、だったら平日の方が良いんじゃないのかな

と、全くの素人考えで心配したのですが、実際行ってみると、街はこじんまりはしてるものの、なんだか雰囲気の良さ気なお店もあーるじゃないですか

公園や美術館もあるみたい



それに、京浜東北線 北浦和駅からだと、徒歩8分とのことですが、実は埼京線 南与野駅からだと 徒歩10分(1km)で、ギリギリ歩けるかな

だめかな


ん、でも、まぁ、埼京線沿線にお住いの方はご参考になさってね

いちお、地図つけておきますね。




開始はもうちょっと先の12月から

11月11、25日には体験講座もある予定です。
ぜひ予定を空けてお待ちくださいね






でもやっぱ、平日
とおっしゃる方は、他の会場でお待ちしています。
会場によっては体験(有料)やご見学(無料)もあります


ストロベリーシーズの編み物レッスンのご案内はコチラです
スマートフォン版のご案内はコチラです

編み物講師の裏話

IMG_207111111.jpg
(とりあえずトーカイさんのショーケース。何か写真をつけておかないと、フェイスブックで夢のない写真が勝手につけられちゃうので・笑)



最近バタバタしております。


プライベートでもちょっとバタバタな件があって、今も続いているのですが、とりあえずそれはおいといてー


お仕事のことで少し。

編み物講師の裏話、ということで、よろしければ最後までお付き合いください
(そんなたいそうなものではないけど





まだね、打ち合わせ前で、編み物好きの皆様にお知らせする段階まできてないのですが・・・


実は、新しいカルチャースクールさんから講師の依頼をいただきました。

ありがたい


もちろんお受けしようと思うのですが、スケジュールがね、もう平日が空いてない・・・


私の希望としては

レッスン日は毎月第二、四週にする
土日祝日は原則おやすみ(1DayはOK)


ってのがあるんだけど、こちらでもご案内している通り、今は月〜金まで埋まってる・・・
(こちらではご案内はしていませんが、水曜日は会員様限定のお教室を開催しています)



さてどうしよう


ははーん、これは土曜日かぁーーー
土曜日に開催しちゃうかぁーー


とも思ったのですが、実はこちらの会場を考えると、多分、地元の方が平日昼間に通うには良いかなって印象。

いや、実際はわかりませんよ。

私の素人考えです。


駅前が開けてる大きめの駅や、乗り換えのあるターミナル駅からびみょーに離れてる・・・
東京方面からもちょっと遠い・・・


うーむ・・・
どうしよう。


1日2件行くか、第二、四週ってのにこだわらず、第一、三週の平日に行くか

ちょー悩んでる最中です


近場での1日2件はまだしも、どことも離れてる場所だし、近かったら近かったでそのカルチャースクールさんにしたら生徒さんを取り合う?って印象にもなるし・・・

もちろん私としては、どの会場に来ていただいてもウェルカムなんですが、やっぱりどのカルチャーさん、手芸屋さんにもお世話になってて、皆さん、私の講座のためにいろいろと考えて手を打ってくださってるのがわかってるので、安易にはできないよね。

生徒さんにとっても「どこに行けば良いんだ」と迷わせることになるしね。
(生徒さんをこういうことで悩ませるのは本当にイヤ


やるとしたら、ちょっと特殊で、生徒さんの取り合いってことにはならない、水曜日開催の介護施設さんならその後に、その周囲のカルチャースクールさんに"はしご"できるなって思ってるけど・・・

それはそれでなかなかお声がかからないしね(笑)


来週、打ち合わせでお話させていただくので、私がどう着地したか、またお知らせさせていただきます


さて、企画書書きながら、もちょっと悩みます。








今年から始まったお教室も徐々に軌道に乗り始めてきて、それぞれのカラーが出てきてます。

よみうりカルチャーさんだけは、残念ながら休講中。
逆に今いらしてくださると、プライベートレッスンになりますよ


ストロベリーシーズの編み物レッスンのご案内はコチラです
スマートフォン版のご案内はコチラです
[ 2017/08/04 13:30 ] その他 | TB(0) | CM(0)